7月16日(月)、タイのプラユットから在タイ日本大使館の佐渡島大使に、日本の7月豪雨へのお悔やみと、被災地への500万バーツの義援金を拠出いただく表明をいただきました。
在タイ日本大使館からも同日付で以下のプレスリリースが発表されています、義援金の金額は500万バーツということです。

日タイ関係が非常に良い事は、大変喜ばしいことです。
私たちパタヤ日本人会でも、タイに関係する日本人たちとして、タイの皆様、社会にもお役に立てる存在となるように尽力をしてまいりたいと思います。

在タイ日本大使館からのプレスリリース(本年7月16日掲載)は、以下に引用いたします。

プラユット首相からの平成30年7月豪雨に際する義援金の拠出の表明

7月16日(月)午前9時17分から約10分間、タイ首相府において、佐渡島志郎在タイ日本国大使が、プラユット・ジャンオーチャー・タイ王国首相(H. E. General Prayut Chan-o-cha, Prime Minister of the Kingdom of Thailand)を表敬したところ、概要は以下のとおりです。

冒頭、プラユット首相から佐渡島志郎在タイ日本国大使に対し、タイ政府及びタイ国民を代表して、今回の豪雨により亡くなられた方、避難生活を余儀なくされている方に対し、お悔やみを申し上げる。出来るだけ早く復興されることを祈念しているとして、被災地に対する義援金の供出の表明がありました。

これに対し、佐渡島大使から、タイからの支援に心からの謝意を表した上で、タイの方々の暖かいお気持ちを日本に必ず伝達するようにする。また、タイからの義援金は、被災した方の生活再建に役立つことを確信している旨述べました。