2021年7月20 PJA NEWS)

チョンブリ)「イベルメクチン」のFascinoでの共同予約について(御案内)

(写真はイメージ
写真:ThePattayaNews報道)

追記)
※本記事の予約申し込みのご希望の受付は、2021年7月26日に終了しました。

現在、タイ国内では武漢ウイルスのインド変異種(デルタ)の感染が拡大しており、欧米のワクチンへの需要の高まりに加えて「イベルメクチン」の需要も高くなっています。

この「イベルメクチン」については、初期症状で治療効果、予防効果があるのではないかという意見が出ていますが、これについては検証が必要であり、この効果に否定的な意見もあります。この現状については、たとえば以下の日本語の記事などを見てもらうと、わかりやすいと思います。

Newsweek(日本語版)
大村博士発見のイベルメクチンは新型コロナの「奇跡の治療薬」? 海外で評価割れる
https://www.newsweekjapan.jp/stories/world/2021/07/post-96658.php

サンデー毎日)
第2弾!ノーベル賞学者・大村智博士が発見 やっぱりイベルメクチンはコロナに有効だ!
https://news.yahoo.co.jp/articles/44106e08ec73e4199bc49e391926eabcb610e20a

現在、Googleなどで「イベルメクチン」で検索してもらうと、感染の初期においての治療や予防に効果があるのではないかという意見と、効果があるかどうかは不明であるという否定的な意見の両方が出てきます。

このように、まだ効果があるかどうかは不明なものの、きちんと処方すれば副作用などのリスクが低く、加えてタイの薬局でもジェネリックのイベルメクチンが安価に購入できることから、このイベルメクチンの需要が急速に高まっています。

この需要の高まりから、チョンブリ県のパタヤやシラチャでも、通常は薬局に行けば購入できたイベルメクチンが、今はなかなか購入できず、在タイ邦人の方も購入しようと薬局を回ってしまったり、売り手が不透明なインターネットで買い求めようとする動きがあります。このため、現在このような事をしないように、注意を呼び掛けています。

この現状を受けてチョンブリ県内の在タイ邦人の有志で、イベルメクチンの購入希望者は、パタヤの大手薬局「Fascino」にてイベルメクチンを共同で予約できるように、ボランティアでの活動を行っています。

(薬局)Fascino<パタヤ>
https://www.fascino.co.th/

これまでの所、上記のパタヤのFascinoで予約して購入できているのはジェネリックのイベルメクチン(6mg)の錠剤で、12錠で一箱1257バーツ(割引後)で購入できています。初期に希望された方は、既に全員が必要量を購入いただけています。

本日確認した所、上記のFascinoでも現在は店頭での在庫はないのですが、予約購入であれば、まもなく次回入荷も見込まれていますので、イベルメクチンの購入を希望される方は、宜しければ予約しての購入をご利用ください。

パタヤのFascinoでのご購入とお受け取りとなりますので、ご予約はチョンブリ県内の方のみとさせていただいております。希望者の方に十分にお届けできるよう、御予約はお一人につき一箱までとさせていただいております。

Fascinoでの共同予約を希望される方は、PJAの事務局、もしくはシラチャの地域委員などにメールで「イベルメクチン予約希望」としてご連絡ください。有志に連絡して予約リストに入れますので、宜しければご利用下さい。

PJA(パタヤ日本人会)連絡窓口、地域委員等一覧
https://pattayaja.com/contact-information-of-pja/

尚、本共同予約は有志によるボランティア活動ですので、Fascinoへの購入された薬代の支払い以外に、一切の費用はかかりません。また、本記事はイベルメクチンの接種を推奨するものではありません。

本共同予約は、有志が在タイ邦人が購入を希望される場合に、安心して薬局で購入できるようにと、ボランティア活動として行っているものであり、PJAとして実施しているものではありません。

※新型コロナの名称「武漢ウイルス」について

現在、新型コロナの一般的な名称について、米国側は「武漢ウイルス」、中国共産党政府は、影響力の大きいWHOが推奨する「COVID-19」を使っています。

PJA NEWS)新型名称は「武漢ウイルス」か「COVID-19」か?米中せめぎ合い
https://pattayaja.com/2020/03/16/9251/

PJA NEWSでは現在、PJA NEWSが引用翻訳している部分を除く、PJA NEWS自身の執筆部分において、米国側の「武漢ウイルス」の表記を採用しています。

そのため引用している他紙報道や政府発表等が、米国側の表記を使っているわけではありません。

※PJAニュースは、パタヤの有力メディアであるThe Pattaya Newsの公式パートナーとして日本語版を配信しています。

The Pattaya News(英語版)The Pattaya News(タイ語版)

TPN National News(英語版)

この記事が気に入ったら
いいね ! シェア ! しよう

タイ情報で、にほんブログ村ランキングに参加中! 見ていただいた記事には、是非以下にクリックをお願いします。

にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へランキングにクリック!