2021年1月29 PJA NEWS)

速報:タイ)CCSAが規制緩和!チョンブリはナイトスポット等も再開、2月1日から見込み

以下の、本日の2021年1月29日にタイ政府のCCSA(コロナ対策担当:Center for Covid-19 Situation Administration)のプラユット首相も出席する会議で、タイ国内の感染防止対策の規制緩和が検討されていたニュースに続報となる速報です。

速報:タイ東部の規制緩和、金曜にCCSAで協議予定に
https://pattayaja.com/2021/01/26/18233/

CCSAは会議の後に会見を行い、規制緩和の方針を発表しました。

タイの全国ニュースを伝えるTPN National Newsが伝えています。

(資料:チョンブリ県
The Pattaya News報道)

以下に説明する本日決定された規制緩和方針により、パタヤやシラチャのあるチョンブリ県では移動制限の解除、ナイトスポットのバーなどの夜11時までの営業許可、飲食店の営業時間の夜11時までの営業許可や、店内での酒類の販売や提供の許可、プールやシネマなど多様な事業への営業許可などが見込まれています。

しかしながら、これらはCCSAの方針であり、ただちに有効となるわけではありませんので、本記事掲載時点では規制は緩和されていません。

この後に官報に掲載され、その後に各都県の知事が命令して有効なものとなるため、来週月曜の2021年2月1日から有効となると期待されています。

以下に、本日決定されたCCSAの規制緩和方針の概要をお伝えします。

このCCSAの命令は、この後に官報に掲載され、その後に各都県の知事が命令して、都県毎に有効となるものである。

タイの各エリアの感染危険度の区分変更を行う

タイの各都県の首長は、CCSAの指針よりも制限を厳しくする権限を有しており、実際の規制緩和等は都県の首長の命令を必要とする。

(資料:TPN National News報道)

「厳重管理地域」

Samut Sakhon県は、引き続き厳重管理地域へ指定される。

スーパーマーケットや市場などの営業を許可する。

デパートメントストアや飲食店は、酒類販売を除いて、夜11時まで、感染防止対策を徹底しての営業を許可する。

ホテルは感染防止対策を徹底しての営業を許可する。

(資料:TPN National News報道)

感染危険区分「Red(赤)」

バンコク都及び近郊については、感染危険区分で「Red(赤)」とする。

ナイトスポットのバーやクラブなどは、引き続き閉鎖を命令する。

飲食店は夜11時までの営業を許可する、ただし店内での酒類の販売、提供は禁止する。

100人未満の規模のイベントは、感染防止対策を徹底の上で実施が許可される。この際はアプリ「Thai Chana」の利用を必要とする。

120人以下の規模の学校や教育施設は、授業を許可する。

(ミャンマー人等の)外国人労働者は、アプリ「Moh Chana」の利用を必要とした上で地域に移動する事を許可する。

タイマッサージやSPA、フィットネス施設や運動施設などは営業を許可する。スポーツイベントは無観客の場合のみ開催を許可する。

(資料:TPN National News報道)

感染危険区分「Orange(オレンジ)」

チョンブリ県、Kanchanaburi県、Chantaburi県、Chachoengsao県、Ratchaburi県、Lop Buri県、Samut Songkram県、Sa Kaeo県、Saraburi県、Suphan Buri県、Ayutthaya県、Ang Thong県は、感染危険区分の「Orange(オレンジ)」とする。

この地域では、ナイトスポットのバーなどの営業を夜11時まで許可する。店内での酒類の販売、提供を許可し、ダンスは禁止するが、生演奏は許可する。

飲食店も夜11時までの営業を許可、酒類の販売、提供も許可する。

学校などの教育施設は通常通りの再開を許可する。

300人未満の規模のイベントは、感染防止対策を徹底の上で開催を許可する。

(資料:TPN National News報道)

感染危険区分「Yellow(黄色)」

Kampangpeth県、Chainat県、Chaiyaphom県、Chumpon県、Nakhon Ratchasima県、Nakhon Sawan県、Narathiwat県、Buriram県、Prachuap Khiri Khan県、Phang Nga県、Yala県、Ranong県、Songkhla県、Sukothai県、Surat Thani県、Uthai Thani県は、感染危険区分「Yellow(黄色)」とする。

この地域では、ナイトスポットのバーなどについては夜12時まで営業を許可する。酒類の店内での販売、提供を許可し、ダンスは禁止するが、生演奏は許可する。

タイマッサージ店、風俗マッサージ店の営業は、感染防止対策を徹底の上で許可する。

フィットネス、運動施設などは感染防止対策として利用者数を制限の上で許可する。

闘鶏場やギャンブル場などは禁止する。

残りの35県については、わずかな規制のみとし、マスクの着用や社会的距離の確保などを義務とする。

概要は上記の通りです。

冒頭にも注意書きをしている通り、この命令はまだ有効ではありません。この後に官報への掲載がされ、都県の知事が規制緩和命令を出して有効となるため、おそらく週明けの2021年2月1日月曜から有効になるのではないかと見られています。

バンコクはナイトスポットは閉鎖、酒類などの店内での販売、提供は禁止されたままですが、チョンブリ県はナイトスポットは再開、店内での酒類の販売や提供も許可される見込みとなり、来週からの大きな変化となりそうです。

明日からの土日はTastyの「週末セール」!

チョンブリ)A5黒毛和牛の希少部位ステーキ!Tastyの「週末セール」で、日曜シラチャ配達(PR)
https://pattayaja.com/2021/01/28/18275/

(写真:北海道:宗谷岬牧場
https://soyamisaki-farm.co.jp/ )

パタヤの以下のTastyは、2階のGrill Bar & Cafeも本日の時点では、感染防止対策をしっかりとして営業中です。現時点では店内での酒類提供は禁止されていますが、食事とコーヒーやソフトドリンクは、店内で美味しく召し上がっていただけます。

酒類は、酒類販売許可時間にミニマートで持ち帰り用は御購入いただけます。また1階のミニマートでは、自宅での食事ぐらいは楽しんでいただけるよう、北海道産のA5黒毛和牛のすき焼き肉や、Tastyビーフのステーキ肉などを販売しています。

是非ご自宅用に、感染防止対策をしっかりとして、お買い物にいらしてください。

動画のフルサイズ表示(You Tube版)はこちら
https://www.youtube.com/watch?v=UMrWYXN2Q5A

PR)在宅期間特別!家で北海道産黒毛和牛(A5)の宗谷和牛のお得な特上すき焼きを

パタヤ)A5黒毛和牛の宗谷和牛、ミスジの特上すき焼き(A5)販売開始!(PR)
https://pattayaja.com/2020/12/25/17040/

(黒毛和牛A5ランク
北海道宗谷和牛の特上すき焼き肉(400g)
1250バーツ
写真:Tasty)

パタヤ)Tasty週末セール!美味しくなったステーキもお得!日曜シラチャ配達(PR)
https://pattayaja.com/2020/12/17/16786/

(写真:Tasty提供
ThePattayaNews報道)

動画のフルサイズ表示(You Tube版)はこちら
https://www.youtube.com/watch?v=UMrWYXN2Q5A

(Tastyビーフ
リブアイ・ステーキ
Tasty2階で290バーツ!
(プロモーション価格
通常価格:350バーツ))

パタヤのTastyでは、2階のGrill Bar & Cafeで北海道産神居牛やサロマ黒牛、タイ産でも美味しいテースティービーフのステーキ肉やスライス肉を販売中!

1階のミニマートの冷凍庫ではお持ち帰り用に、特上カルビ焼肉、特上すき焼き肉を、いまだけのセール価格で販売!

パタヤのUnixxの目の前にある、Tastyのお店はこちら


(動画はPJA会員のYouTube「KuLost FPV」さん撮影
動画のフルサイズ表示(You Tube版)はこちら
https://www.youtube.com/watch?v=YI1xMMxtPTU )

また、Tastyを運営するJPグループではJPの賃貸コンドを、春まで非常にお得になるプロモーションを実施中!

パタヤ)Unixx紹介動画!UnixxのJPグループ月間賃貸半額!年末まで(PR、動画付き)
https://pattayaja.com/2020/10/03/14803/

パタヤのUnixxの動画(KuLost fpvさん撮影)

※画面フルサイズ表示は、以下のYouTubeから
https://www.youtube.com/watch?v=S0oFjJ2bCDs

(JP’s Unixx Residence Club
客室例<17階パタヤ湾ビュー>)

 

※新型コロナの名称「武漢ウイルス」について

現在、新型コロナの一般的な名称について、米国側は「武漢ウイルス」、中国共産党政府は、影響力の大きいWHOが推奨する「COVID-19」を使っています。

PJA NEWS)新型名称は「武漢ウイルス」か「COVID-19」か?米中せめぎ合い
https://pattayaja.com/2020/03/16/9251/

PJA NEWSでは現在、PJA NEWSが引用翻訳している部分を除く、PJA NEWS自身の執筆部分において、米国側の「武漢ウイルス」の表記を採用しています。

そのため引用している他紙報道や政府発表等が、米国側の表記を使っているわけではありません。

※PJAニュースは、パタヤの有力メディアであるThe Pattaya Newsの公式パートナーとして日本語版を配信しています。

The Pattaya News(英語版)The Pattaya News(タイ語版)

TPN National News(英語版)

この記事が気に入ったら
いいね ! シェア ! しよう

タイ情報で、にほんブログ村ランキングに参加中! 見ていただいた記事には、是非以下にクリックをお願いします。

にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へランキングにクリック!